プラントエンジニアとは?仕事内容とスキルの磨き方


プラントエンジニアの仕事

プラントとは製造工場の意味で、プラントエンジニアは製造工場自体を設計、構築、運用する人を言います。どんな製品も、作る工程がしっかりしていないと品質は満たせませんし、品質だけ満たしても効率の悪い製造工程ならコストが掛かってしまいます。プラントエンジニアは全体を管理し、品質と効率を満たした製造工場を作ります。

しかしそれは当然、簡単なものではありません。チームを組んで取りかかるべきプロジェクトで、まずその製造する製品に対する深い知識が必要になります。どんなに凄い人であっても、あらゆる業種のあらゆる製品について深い知識がある訳ではありません。とりかかる製品がまだ自分の経験した事のないものなら、その周辺の知識から吸収し、そこにこれまでの経験を活かしたアレンジを加え、プラントを作り上げるのです。

頭打ちになるプラントエンジニア

しかし良く考えてみると、何年も稼働する製造工場を作ってしまったら、その場所に何年も新しく製造工場を作る需要はなくなります。よっぽど流行っている製品でない限り、隣にもう一棟建てて倍増させるといった需要はないでしょう。これはプラントというものの宿命で、プラントエンジニアも運営が軌道に乗ったら、また別のプラントを作りに行かなければなりません。

そこでプラントエンジニアによっては、海外に目を向けて製造工場作りに力を入れています。日本でたくさん作られていると言っても海外は話が別です。要望はたくさんあるでしょう。しかしそこには言葉の壁があります。日本人スタッフをいくらか入れたとして、メインとなるのは現地の従業員です。そこでまたプラントエンジニアは、とても大きな壁を越えて製造工場を作っていくのです。

プラントの求人に合格するには専門知識をいかに持っているかです。国家資格で電気や土木などいろいろなジャンルを保有していることがポイントです。