警備員の仕事に興味がある時に確認しておくべきことは?


各現場で必要となるスキルや資格について調べておこう

警備員の仕事は、正社員や派遣社員、パートなど様々な雇用形態を選べることや、中高年者も採用されやすいことなどから、様々な立場の求職者の間で人気が集まっています。警備業務に就くためには、法律で義務付けられている研修を受けるだけでなく、現場によって様々な資格が必要となることもあります。そこで、近い将来に警備員として働きたい場合には、身近なエリアにある警備会社の求人情報をチェックして、警備員として必要なスキルや資格について詳しく調べることがおすすめです。また、大手の警備会社をはじめとして、採用後に業務の合間を縫って国家資格が取れるところや、仕事に直結する研修を受けられるところもあるため、時間を掛けて職場探しをすることが肝心です。

夜間の警備業務は高収入を希望する人におすすめ

商業施設や道路、工事現場などの夜間の警備の仕事は、昼間と比べて高額な給料が支払われることがあり、高収入を希望する人にとって理想的な職場として位置づけられています。一方で、夜間の警備業務は危険が多かったり、生活リズムが乱れやすくなったりすることから、長く続けることが難しいといった問題点もあります。そうした中、夜間をメインに警備の仕事に無理なく取り組むには、現場内のスタッフの人員配置が適正なところや、こまめに休憩や仮眠の時間を取れるところを勤務先に選ぶことが肝心です。なお、人手不足の警備会社においては、連日で同じ警備員が夜間の業務を担当するケースも珍しくないため、給料面ばかりでなく労働環境にも気を使って就職活動を行うことが大切です。

警備員の求人は基本的に年齢の上限がありません。法律上の規制が存在しないのが理由ですが、立ち仕事である他、集中力が求められるので体力や気力が充実している人が優先される傾向にあります。