あなたに向いている?バスドライバーのメリット・デメリット


わずらわしい人間関係がない

一般のサラリーマンの場合、上司や先輩社員、同僚たちと同じ空間で長時間仕事を一緒にすることになります。人間関係に一度でも亀裂が入ってしまうと、一緒にいるだけで疲れるようになり、最悪の場合は転職を考えるようになります。しかし、バスドライバーはお客さんを相手にする商売なので、上司から指示されたり、同僚と協力して仕事をしたりすることはほとんどありません。社内での人間関係によるストレスがほとんどないため、長い間安心して同じ会社に勤めることができます。

安定した生活リズムをおくれる

路線バスや送迎バスのドライバーは、タイムテーブルによってスケジュールが決まっているので、基本的に残業はありません。毎日定時で帰れるため、ワークライフバランスを充実させることができます。タクシーやトラックドライバーの勤務は不規則なことが多いですが、バスドライバーは生活のリズムを整えやすく、体調管理がしやすいです。

精神的なプレッシャーが常につきまとう

バスのドライバーは地域の交通インフラを支える、社会貢献を肌で感じやすい仕事です。ただ、多くの人の日々の生活を支えるため、時間は必ず厳守しなければなりません。ダイヤ通りに運行しないと、乗客が約束の時間に間に合わなくなって、「どうしてくれるんだ」と苦情がくることもあります。また、自分の不注意で事故を起こしてしまえば、たくさんの乗客の命を脅かすことにもなるでしょう。バスドライバーは社会貢献度が高くとてもやりがいのある仕事ですが、人の命を預かる業務の性質上、精神的な負担はとても大きくなります。

滋賀 のドライバーの求人は種類が多様です。物流や介護や家族サポートなどいろいろなサービスを展開しているからです。