トラックドライバーの職務は様々で、職務内容によって必要免許や車両は違う


トラックドライバーの職務内容は様々

トラックドライバーと聞くと、長距離運送だけを考えてしまう方も少なからずいます。しかし、それだけがトラックドライバーの仕事ではありません。例えば、契約している会社の製品を卸し先の企業に届けるトラックライバーや、決まった時間に弁当等を届けたり、荷物を配達する軽貨物配送ドライバーなどは、決められた地域内で規則正しく就労することが出来ます。

職務内容によって必要な車両はリースする事もできる

職務内容によって必要な車両は違ってきます。建設用資材などを運ぶには4トンクラス以上のトラックが必要になりますし、軽貨物配送では、最低でも軽トラックと呼ばれる種類の車が必要です。それらの車は無理に購入する必要はありません。所属している会社が所有している場合もありますし、個人事業主なら車両リース会社を利用する事も出来ます。期間によって職務内容が変わる個人事業主は、最初はリース会社を利用した方が良いケースが多くあります。大型車両などは個人で所有していると、駐車場選びなどに苦労してしまいますし、自動車税なども払わなくてはならなくなります。

トラックによって必要な免許は違う

車両総重量が3.5トン未満のトラックは普通免許で乗る事が可能です。7.5トン未満なら準中型免許、11.0トン未満なら中型自動車、それ以上は大型免許が必要になります。トラクターなど750kg以上のトレーラー等を牽引する必要がある場合は、けん引免許も取得しなければなりません。例外として、750kg未満のトラクターや故障車などを牽引する場合はけん引免許は必要ありません。注意点としては、けん引免許だけではあまり意味がない事が挙げられます。多くの場合は大型免許を取得した後に、より多くの荷物を運ぶ為に取得する免許です。

トラックドライバーの求人は、求人誌などで探すこともできますが、トラックドライバー専用のサイトで探すこともできます。