外資系転職でライバルに差をつけるには何が重要なのか?


将来性のある外資系企業における働き方に注目しよう

外資系転職でライバルに差をつけるためには、経営状態や主な事業の内容などを確認して、将来性のある企業の求人を早いうちに見つけることが重要となります。特に、国内外に多くの事業所のある外資系企業で活躍の場を広げたい場合には、営業やマーケティング、経理などの様々な分野の専門知識や技術だけでなく、最低限の英会話をマスターすることが大切です。大手の外資系企業の中には、入社後の海外転勤を想定して、中途採用者の英会話の能力を重視しているところが少なくありません。そこで、評判が良い外資系企業で求められるスキルについて把握するため、転職活動中に色々な企業の採用説明会や転職セミナーなどのチャンスを見逃さないことが大切です。

過去の業務経験を正当に評価してもらえる企業を探そう

外資系企業の中には、国内の企業とは異なる評価基準を採用しているところが少なくありません。そうした中、外資系転職を成功させた後に、自分のペースで無理なく仕事を進めるために、過去の業務経験を正当に評価してくれる企業を選ぶことが肝心です。例えば、国内の企業で部長や課長などの管理職を務めたことがある人や、海外駐在の経験が長い人については、中途採用の試験の際に有利になることがあります。また、20代や30代の社会経験が少ない人については、実務経験者と比べて不利になるケースがありますが、採用試験までに仕事上で使える語学やビジネス、パソコンなどの資格を取得することで担当者にアピールをすることがおすすめです。

TOEFLやTOEICの資格を活かせる、海外との繋がりが持ててグローバルに活躍することが出来る、実力をダイレクトに評価してもらえるなど、外資系求人に応募することで得られるメリットは多いです。